コーディネートを楽しく学ぶための基礎知識

>

素材の使い分け

この記事をシェアする

春夏は軽く涼しげに

寒い冬が過ぎ、暖かい春が過ぎると少しでも涼しい素材の服を身に着けたい夏がやってきます。
春は徐々に薄着になっていき、軽い素材へと変わっていきますし、夏はとにかく触り心地や見た目が涼しげな素材がぴったりです。
そんな春夏に身に着けたい素材をピックアップしてみました。

シフォンは薄くて透ける柔らかい布生地で、柔らかい手触りでしわになりにくいのが特徴です。
リネンは、天然素材で、肌触りが良く、吸湿と速乾性に優れていて、汚れが落ちやすく洗濯にも強い素材です。

レーヨンは、落ち感や抜け感が流れるような服のニュアンスを作り出します。

特に厳しい暑さを乗り切るための夏服は素材が大切です。
通気性、肌触り、乾きやすいなどの各素材の特質を考えて選びましょう。

暖かく過ごしたい!秋冬の素材

夏が終わり、涼しくなりだんだんと寒くなる秋と冬。
ある程度の重みのある質感の素材が季節感を出してくれます。

春夏の素材よりも秋冬の素材のほうが頑丈で長持ちする傾向にあります。

ウールは、ざっくりニットなどに使われていて、暖かくてしわになりにくいです。
コーデュロイは、保温性が高くしっかりとした生地。パンツやスカートに使われることが多く、カジュアルなコーディネートにぴったりです。
ツイードは、ジャケットなどによく使われている目の粗い厚手の素材で、大人っぽく見せてくれます。
メルトンは、厚手のアウターに使われることが多く、毛織物を縮絨した後にフェルトのように仕上げた素材です。

秋冬に使われる素材は個性が出やすいので、自分に合ったものを季節に合わせて取り入れてみてください。