個に応じた学習指導|医学部に合格するための手段|予備校でみっちり勉強

医学部に合格するための手段|予備校でみっちり勉強

女の人

個に応じた学習指導

学生

自分のペースの学習が可能

学習塾といえば、近年では個別指導が主流になってきている。京都でも多くの学習塾があるが、個別で学習をすすめる教室が増えてきている。「学習塾」といえば、大部屋にひしめくように子供が座り、入試難関校の合格を目指している、といった風景がひと昔前までは想像されていた。ところがここ数年は、個別指導が人気を集めている。その理由の1つとして、生徒側が自分で授業の日時を設定でき、学習したい範囲の要望も聞いてもらいやすいことが挙げられる。個別指導であるから、学習内容も生徒個別に対応ができるようになっている。また個別で学習ができるメリットは、集団授業の塾とはちがい、横の席の生徒との競争を過剰に意識しなくてもよいということである。近年、学力層が二極化していると言われている。また、京都市が行っている学習確認プログラムでもそのような傾向がみられる。そのため個別指導教室はここに焦点をあてている。学力を更に伸長したい生徒と学校の授業をサポートしてほしい生徒が、同じ教室で学ぶとやはり効率は上がらない。京都でも多くの個別指導の教室があるが、そのアクセス性も重視される。

多様なニーズに対応

先ほども少し触れたが、学校の授業の学び直しである場として学習指導を受けることが目的の生徒と、さらに学力を伸ばし、大学受験の指導まで見据えた生徒の両方に対応できる教室を選びたい。では、どのようにすればよいか。多くの個別指導の教室では、無料体験授業が行われている。それを通して授業形態や教室の講師や教室長の対応を実際に見て判断することができる。面談を行い、指導を受ける目的を伝えることも可能である。また、京都には私学も含めて高校や大学が多く、いわゆる偏差値で語られる難易度も様々である。そのため自身の目標とする高校や大学に向けて、逐一相談をすることができる。講師には大学生が多く、学生からすると年齢も近く、普段の学習や受験勉強の方法やポイントなども身近なものとして受け入れやすい。さらに京都の個別指導教室は、1コマあたりの授業時間や授業形態は大きく変わらない。1コマ80分、講師1人に対し生徒2人が基本の形。どの教室を選ぶかは、授業料や自習室が確保できるかといったことをよく見るといいだろう。また、教室長をはじめとした社員の対応が丁寧で話が分かりやすいかどうか、笑顔で講師と生徒が会話をしているか、ということもポイントの1つである。